Menu

LATEST REPORT

論文発表:海洋の内部波によるサンゴ礁の冷却-白化緩和効果の可能性を指摘

東京大学大気海洋研究所のAlex Wyatt特任研究員(現、香港科技大学助教授)、James Leichter [...][...]

read more

大学院進学希望者のためのオープンラボ2019

2019年度柏キャンパス一般公開の2日目に、大学院進学を希望される方を対象にした研究所訪問・説明会を開催します [...][...]

read more

活動報告:博士課程学生海老原さんの歓迎会が行われました

生元素動態分野に新しい仲間が加わりました。 9月17日、海老原諒子さんの歓迎会が行われました。 海老原諒子さん [...][...]

read more

活動報告:小川先生の教授昇進のお祝い会と特任研究員Wyattさんの送別会が行われました

7月26日、小川先生が教授に昇進されたお祝いと特任研究員 Alex Wyattさんの送別を兼ねて暑気払いが行わ [...][...]

read more

プロジェクト研究「凝集体生命圏」が始まります

生元素動態分野の永田俊教授を代表とするプロジェクトが始まりました。以下にその概要を紹介します。 海水中の小さな [...][...]

read more

2019年度 歓送迎会が行われました

生元素動態分野では、4月から学術支援専門職員の松井さんを新しいメンバーにお迎えしました。 また、学術支援職員の [...][...]

read more

5/19(日)大学院進学希望者のための進学ガイダンス

大学院進学を希望される方を対象にした研究所訪問・説明会を開催します。 事前申し込みは不要です。   日時:5月 [...][...]

read more

論文発表:ワカメが記録した親潮の流入履歴―放射性炭素同位体比の新しい利用法の開発

三陸沿岸域は、親潮と黒潮が混じり合う複雑な海域です。この研究では、親潮と黒潮の溶存無機炭素の放射性炭素同位体比 [...][...]

read more

活動報告:CREST公開シンポジウム2019 第2回が開催されました

2011年に開始されたCREST「海洋生物多様性」研究領域(研究総括 小池勲夫/東京大学名誉教授)が最終年度を [...][...]

read more

Alex Wyatt 研究員の論文がNational Geographic などの海外メディアでとりあげられました

生元素動態分野のAlex Wyatt研究員らがEcological Monographs誌に発表した論文がPB [...][...]

read more

論文発表:同位体で解く世界最大の魚ジンベエザメの生態の謎

生元素動態分野のアレックス・ワイアット研究員らの論文がEcological Monographs誌に掲載されま [...][...]

read more

活動報告:第8回卓球大会で準優勝しました!

11月27日(月)より第8回大気海洋研究所卓球大会が行われました。 各チームともダブルスで、予選リーグはグルー [...][...]

read more