Menu
震災後の三陸沿岸海域の生態系と生物地球化学プロセスの調査

2011年3月11日におきた東北地方太平洋沖地震とこれに伴い発生した津波により海の中が壊滅的な打撃を受け、 漁場を含む海洋生態系が大きく変化し、水産業にも大きな被害が出ました。 これをうけ、海洋環境や魚介類の生息状況、海底のガレキの分布状況等を調査し、地元の漁業関係者に調査結果を提供するとともに、得られたデータを総合的に解析して海洋生態系の変化メカニズムを解明するためのプロジェクト「東北マリンサイエンス拠点形成事業」が実施されています。
生元素動態分野では、このプロジェクトに参加し、震災後の三陸沿岸海域の栄養塩類や物質循環プロセスの状態を調べるとともに、汚染物質の濃度や分布を調べるための研究を進めています。

TEAMS1
東北マリンサイエンス拠点形成事業や大気海洋研究所の取り組み(プロジェグランメーユ)については、以下のリンクをごらんください。

logo

東北マリンサイエンス拠点形成事業(TEAMS)

kix_lecture_Meyu_1
プロジェグランメーユ
永田俊インタビュー
小川浩史インタビュー